なんでこの時期ナンデスカ?


GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO

 

立って飲む・・それが立ち呑み

 

はたして富田新道はただ辛い坂なのか?

 

にほんブログ村 トラコミュ GXRへ
GXR
どうやら立ち飲み屋に憧れているらしい。。。

 
GR DigitalⅡ + GW-1.21mm

 

 

 

 

要するに対岸へ渡る為に下降したワケです。

 

 

 

 

 

 

もうここから一度も下らなければ、平坦もありません。

 

登り1本調子の野陣尾根

 

 

 

 

 

岩魚を見せて頂きましたよ。

奥多摩は沢屋さんも多い(この方は釣師)

 

 

 

 

 

唐松谷に進まずに右に上がって行く感じになります。

踏跡は至る所で見られ、釣なのか、道迷いなのか、入渓ポイントなのかわからないけど、

よーく見るとテープもあり、なんとなくルートが見えてきます。

 

 

 

とにかく落葉が多く、ルートを塞ぎ、滑りやすくしている。

 

本来この辺りは美しいブナ林、新緑の頃は眩しいほど緑に覆われる・・・らしい。

 

 

 

初めて来たとこだけど、、、

 

誰かの記録で見たことあります、また紅葉も美しいです。

 

 

 

 

 

なんで今の時期に来るんだって話なんです。。。汗

 

 

 

 

 


まだ始まって2時間です。放心状態のいい表情をゲット、、、この先もつのでしょうか?

 

 

だから平坦な場所が無いんだって。。。

 

レストも斜面です。

 

 

 

 

本来なら、生き生きとしたブナの新緑に元気をもらうか、美しい紅葉に癒されながら登っていくとこなんだけど。。。

 

 

 

 

 

 

結構キビシイ感じで登っていくんです。。。

 

 

陽の当たる南側はかなり乾燥、土誇りも舞い呼吸するのも実は辛い。

 

 

 

 

 

 

 

 

直接は口に出して言ってきませんが、「なんだこのルート怒った顔むかっ(怒り)」って思ってるかも。

 

 

ちょうどいい時期って、ほら、八ヶ岳とかさぁ、アルプスに目が向いちゃうじゃない?

 

 

ってことで、ゆるして欲しいんだけどなぁ。 (f^^)

 

 

 

 

 

 

まぁ、幸いまだ誰も気が付いていない、

 

 

 

 

 

 

この落葉の絨毯の意味を。。。

 

 

 

 

 

 

 

夏から秋にかけて来るとこなんだって 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地面が乾燥してますので、スパッツで土埃対策をキッチリと。。。

 

 

 

 

娘の万全のフォローあってのパーティでございます。。。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北側にルートが回ると所々に残雪も。。。

 

 

でも、大した量ではないけれど、乾燥地獄から開放され少しラクになる。

 

 

 

 


普段の彼女は水は500mlほどで足りるって言うけれど、、急登に汗を搾られ、既に1Lは消費している

 

今回の山行、テントこそ置いてきたけど、防寒具やら、食料やらガッツリ担いでもらってます。 

秋にはアルプス縦走したいので、徐々に慣れていったらいいなって思ってます。

 

予報によれば、山頂付近の最低気温はマイナス、水場である雲取山荘は凍結により不可、水は下から持ち込むしかない。

 

 

 

 

今回の食事担当から発表されたメニューによると・・・すき焼き

 

 

 

 

料理に使う水、二日分の行動水となると・・・

 

余裕を持って、女子は3L・・・男性は5L (アルコール別)

 

歩けないようなら途中で捨てればいい

 

 

 

 

空腹は意外となんとかなるんです。

 

 

 

 

 

寒さとノドの渇き

 

コレばかりはどうしようもなく、1歩も歩けません。

 

辛いですよ。

 

 

 

 

 

 

 

そして怖いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10数kg背負って1000m以上登るって、、、そりゃ、体がおかしくなりますって。 

 

 

 

下りは足にきますが、登りでは上半身、特に肩かな。

ザックが食い込み血流が滞ってしまうからストレッチは大事・大事。

 

 

 

1708m サワラノ平を越えるとかなりラクになってきます。

 

辺りも開け、周囲の尾根も見えてきます。。

 

 

 

 

 

 

 

石尾根縦走路にある奥多摩小屋が見えました。

 

 

 

 

 

 

ヘリポートから少し上がったところのテント場

 

隣テントとの距離が取れる静かなトコ・・・  あそこ好きだな~

 

 

 

 

どうしてもと言うなら、あそこの水場で手に入れられるかも。

 

 

テン場から少し下ったところにあります。

 

 

 

 

 

笹原が見え出すと、小雲も近いですよ。

 

目の前のピークだからね、あと一息で落ち着けます。。。

 

 

 

 

奥多摩も鹿による食害が進行しているようです。

樹皮をかじって食べるので維管束系が失われ枯死するそうです。

 

 

長沢背稜では立ち枯れが目立ちました。

 

 

この調子だと、ここも。。。

 

 

 木があっての森、森あっての水ですから。。。

 

ここは東京です。

 

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply