金沢トリップ②(玉泉邸)

金沢トリップ②(玉泉邸)

DSC04218


Sony ILCE-7RM2 Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
名代 みそだれ田楽麩

DSC08332
大島あん麩氷

DSC08334
金沢 加賀麩不室屋 不むろ茶屋

基本ずっと寄り道。

DSC08335

DSC08336

DSC04233

DSC04234

Sony ILCE-7S  Carl Zeiss Batis 2/25
金沢のピクルス

DSC04240

DSC08339

DSC08350

Sony ILCE-7S  Carl Zeiss Batis 2/25
1日2組限定、金沢スタイルのおもてなし。

宿泊先はひがし茶屋街にある別邸「薪の音 金澤」https://kanazawa.makinooto.co.jp/

DSC08354
到着後、駅まで荷物のピックアップなど、何より“おもてなし”の心が嬉しいです。

DSC04249
オーナーの山本様による季節の金沢の食を楽しむ夕食プラン。

この後、金沢らしい雰囲気のある料理屋へ案内してくださいます。

DSC08363

DSC04255
今回のお部屋はHIGASHI (洋室)。
*もちろんNISHI (和洋室)も気になりますね。。。

DSC08360


DSC04283

DSC04311

DSC04284

DSC04313

DSC04314

DSC04316
兼六園の前にあります。

DSC04349
かなざわ玉泉邸
https://kanazawa.makinooto.co.jp/dinner

DSC04354
今回のお食事はこちらで和食懐石。

DSC04363

DSC04365

DSC04356

DSC04366

DSC04368

Sony ILCE-7RM2 ZEISS Batis 2/25

DSC04369
朝からずっと食べっ放し(飲み放し)の基本アクセル全開。

DSC04372
念願だった氷見うどん(未だ富山では食べられず、、)

DSC04378

DSC08390

DSC04383
東京でおぼろげながら今回の金沢食テーマは“和”と決めていました。

ですが実際こちらへ来てみると、どうやら美味しそうなものはそれだけではない様子。。。

DSC04387

DSC08392
ネット検索では中々辿り着けない小さな名店がかなりの数あるようなのです。

ジャンルも和だけに限らず、、、


最も頼りになるのは頼りになる方々の口コミです。

DSC04388

DSC04390
最後の最後にお釜で登場。

DSC08396
ちりめん実山椒ごはん

DSC04393
もうこれは止まりません(止める気なんてきっと最初からありません。)

今宵の主役はこれかも。

DSC04399


DSC04394

DSC08411
京都よりも抹茶と出会う機会が多いような気がします。

DSC08416

Sony ILCE-7RM2 ZEISS Batis 2/25 ƒ/2.2  ss1/50  iso1250
加賀藩二代藩主夫人「玉泉院(ぎょくせんいん)」に由来する庭園「玉泉園」の歴史は、いまから約四〇〇年前の江戸時代初期に遡ります。
加賀前田藩の重臣・脇田(わきた)家の庭園として初代直賢(なおかた)から四代九兵衛まで約一〇〇年を費やして完成。
作庭は幻の様式とされる“玉澗(ぎょくかん) 様式” による由緒正しい金沢の名勝です。
玉泉園HPよりー 

DSC04402

DSC04401
東山のオーベルジュ 薪の音金澤

食事が終わる頃お迎えが来ます。

DSC08419

DSC04404
併設カフェ 抹茶とショコラ おいしいショコラスイーツを抹茶とワインで楽しむ大人なカフェ。

DSC04406

DSC04407

DSC08422
夜カフェメニュー

こちらでもデザートを。宿泊特典と言いますかキャッシュレスなので支払いの煩わしさがありません。

DSC08427
オーナーさま&女将が話し相手。

金沢の美味しい情報が聞けます。

Sony ILCE-7RM2 ZEISS Batis 2/25

DSC04413
東山和今

残念ながら今回チャンスはありませんでしたが明朝せめて店内の様子などを少し。

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply