それもいいよね:世界が日本にやってくる

 

世界が日本にやってくる

世界が日本にやってくる

R0123533.jpg



あー、なんて久しぶりの油壷   Speedy Blue(J/24)
IMGP9392.jpg 



















IMGP9413.jpg 




おさらいしておきますよ







What is Blind Sailing

ブラインドセーリングとは



ブラインド セーリングのレースでは、2人の視覚障害者と2人の晴眼者の4名が乗り組んで、協力してヨットを操ります。視覚障害者の2人はヘルムス(操縦)とメインセール(主帆)の調節を担当し、晴眼者がジブセール(前方の帆)の調節と、操縦者の眼になって、声で周囲の状況を乗員に伝えたり操船の指示を出し、安全を確保します。
 レースは同一の規格で建造された25フィート前後のクルーザーを使用して行われ、B1クラス(全盲)、B2クラス(光覚手動)、B3クラス(弱視)の3つのカテゴリークラスに分けて行われます。

http://2013blindworldsyc.com/より












IMGP9408.jpg 



 













IMGP9414.jpg 














 








R0123574.jpg 






リフォーム終了との情報キャッチです。。。ヽ(^^)


















IMGP9416.jpg  





 






走り始めて30分、すぐに分かったことがあります

まずはそこから












R0123601.jpg























R0123599.jpg





























R0123604.jpg  







おさらいしておいたから分かると思いますけど、視覚障害者2人 + 晴眼者2人 = 4人で1チームというルール





しかも、口だけ番長も存在するのでつまり、この場合、

ジブトリマー(という名のフローター以上のなんでも屋)に物すごく負担が掛かるのです。。。














(*相当“いい人”じゃないと務まりません)

















IMGP9486.jpg 


 






(*相当“いい人”じゃないと務まりません、千葉さん(^^)















R0123671.jpg






















R0123620.jpg




 








 







R0123612.jpg 




・・・・♪o(^0^o)♪・・・・


















R0123635.jpg 

どんなに強い日差しだろうとキャップは被らない、そしてフリーでは後ろ向き (ナンデ?)





Pineapple Princess チームはB2クラス エントリー
 
  

このB2とは全盲ではなく、ぼんやりというか明るさは感じられるとのこと




小倉さん・金輪さん 

お二人とも産まれつきではなく元々は見えていたんですって





ということは、この海の青さや風を受けて走るヨットを操船している自分の勇姿、それらをイメージできるということでしょうか












R0123699.jpg 




















R0123648.jpg

























R0123693.jpg 






『後からの風を感じたいから後を向いているんです』 ヘルムスマンの小倉さんがそう教えてくれました




『じゃ、帽子は?』




『頭でも風を感じていたいんです。だから・・・邪魔かな』









世界の視覚障害者のヘルムスマンの多くが後ろ向き、そうとも限らないそうです。
何人か居るけれど、どちらかというとマイナー
















IMGP9463.jpg 








日射病が心配で・・・・キャップを被らない件、実はチーム員は心配しているそうですよ















IMGP9480.jpg   
FA77mm Limited F1.8 ついに出たー パープルフリンジ でも好き♪
  


makamaka 
(B1全盲・全日本チャンピョンチーム)

VI Helm:Yuki Kawazoe
VI Crew:Mitsuhide Taguchi
Sighted Tactitian:Yasuko Maeda
Sighted Crew:Midori Kameyama






*どーして、ジュニアって呼ばれてるのー?























IMGP9484.jpg 























IMGP9421.jpg








やはりここでも大切なのは感じるということ















R0123708.jpg   






「先ずは来てください、ブラインドセーリング乗れば分かります」






ホント、おっしゃる通りでした。
たった数時間一緒に居ただけで、ブラインドに対する誤解が解けました。


視覚障害者の方々にセーリングを楽しんでもらう、そのお手伝い・・・・×
   
全然違います、『ブラインドセーラー』と『サイテッドセーラー』が一体となり、力と心を合わせて、一緒にヨットを走らせ、レースを楽しみ、勝利の喜びを共にする







練習を見学していて途中から自分が熱くなっていることに気がつきました。

「マーク回航後、もうちょっときっちりライン走った方がいいんじゃない」、、、、
ふと気がつきます。
そっか、見えていないんだ。

確かに移動中や乗船時などは肩を貸したりなどして意識しましたが、セーリング中はあまりにも普通、見えていないってことを忘れてしまってました。





正確な風向やマークに位置さえも、声の情報が仲間の言葉だけが頼り
心の中に浮かぶイメージは信頼する仲間と作り上げるもの



普段の我々のごとく、ただ怒鳴るでは何も伝わりません





伝えることの大切さ、それをくみ取り走らせるチーム力

いや、これ、楽しいですよ



教える・教わる そういうんじゃないです 共に戦う そういう関係






一生懸命のその先には世界(ワールド)が待っています。。。











   
*ブラインドのワールド・・・海外ヨットクラブのホスピタリティーが大変素晴らしく、ガチで超楽しい大会らしいのです



海外取材オファー・・・・・来い来~いρ( ^o^)b_♪









R0123764.jpg 

  口だけ番長・・実はずーっとしゃべりっぱなし、セーリングに必要なあらゆる情報をチームに伝えているのです






堀江さん曰く、自分は東京の所属なんだけど『サイテッドセーラー』の数が足りない (要するに夢マリ)






ブラインドセーラーだけではヨットレースは出来ないのです



手伝うという感覚ではなく、共に戦って世界を目指せる人を探しているそうです

(海外レース経験豊富なゴクウのオーナーさま・レティーシアのウリリン、ご指名です。今度説明に伺いますね(^^))












R1048763.jpg 










新しい世界知ることができて良かった~




ありがとうございます♪







R0123730.jpg   


2日間の合宿なので、本日の練習は終了



(この後ポンパドール行って飲みね)

 












R0123743.jpg 


 
Pineapple Princess


VI Helm:Keiko Ogura
VI Crew:Takayuki Kanawa
Sighted Tactitian:Masaaki Horie
Sighted Crew:Tomonori Takeshita



My ambitious is to have a shinning gold medal on my neck!


go for it ! 

 



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif