Weblog

Weblog


APPLE Ⅵ (SYDNY 32 OD)
 
 
狭義にはWorld Wide Web上のウェブページのURLとともに覚え書き や論評などを加えログ(記録)しているウェブサイトの一種である。
「WebをLogする」 という意味でWeblog(ウェブログ)と名付けられ、それが略されてBlog(ブログ)と 呼ばれる  
 
ーwikipedia-
 

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

 
 
 
ふーむ、
 
 
ブログってそういうこと。

 
 
また別の解説によれば、
 
>専門的トピックスに関して自らの専門や立場に根ざし た分析や意見を表明したり
 
>継続して更新される日記形式のウェブサイト(ホームページ)の総称。
 
 

 


油壺界隈はシーボ・小網代・三崎マリン・特泊・諸磯・京急などなど
 
 
 
 
 
 
 
 
その日あった出来事やちょっとしたことなどをlog

 
 
学校から帰ってきた子供の話は聞くことはできても、週末の遊び(平日の仕事もなんですけど)家族にとっては全然面白く無く、聞きたくないこと。
 
 

また友人にしても、興味対象が同じとは限りません、その日の気分もありますし、 相手のことを考えるとメールで伝えるにしても難しいものがあります。
 
 
 
 
 
 



 
 
 
 
「他人様のランチやディナーで食べたものなんて全く興味なんかないよ」
 
 
 
 
・・・・・ごもっとも汗

 
 

 


ただ、

「このまえの写真で見たエビの入ってたヤツ、あれ食べてみたかったんです♪」

とか忘れた頃でもいいから言われると、

やっぱり撮っておいてよかった・logっといてよかったって思うのです。







  



 
 
 
 
 
 
 



 
 
 
 



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



 
 
 
自分がいいなって感じたこと (ウソはなく)

自分だけのものにしておくのはもったいないから誰かに伝えよう (でも誰に?)





発信することで、受信されることで、誰かを笑顔にできた、そんなときはやっぱり嬉く思います~。
 
 

 
 
 
(その誰っていうのが、誰のストライクゾーンなのか毎回分からないんです 。だからメールやSNSじゃないのかな)
 
 
 
 
 

 
 
 




決めた、毎年このシーン専門モデル、牛丼の人
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



 
 
 
 
 
 
今年は幸せなことに大きな大会を撮らせてもらえる機会がありました。


どちらからのオーダーも「普段通りで・・」
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
「普段通りで・・」 ?
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



 
 
 
 
 
 
 
自己分析してみますと・・・・


運動会や遠足のとき、みなさんの周りをウロウロしながら撮っていた地元の写真屋さん

ザックリですが、まぁそんなイメージでしょうか。

 

 

 
こんなことあったねー、とか、そうそんな感じ~とか、後から思い返すときにちょいと役立つ。
 
 
 
 
 
 
 

こんな地元の写真屋を、今後みなさんの遠足に連れて行くっていうのはどうでしょうか。
 
 
 
例えば沖縄や海外のレースなど、
 
空港から始まって、なにを見て、どこに泊まって、なにを食べたかなど、、、 細かいところまでログします。
 
キレイな海でのセーリング・レース写真なんかも、オンデッキで可能な限りログします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



 
 
 
 
 
一方、各地で開催されているヨットレースや村祭りなど、
 
関東に向かって発信されたい方々からもお声が掛かったら伺いたいと思っております。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
誰かと誰かが繋がる一つの方法として、もしかして、ブログで役に立てるのなら。。。
 
 
 
 

 



CARIN V. (TSUBOI IMS 1030)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




写楽 (NM35)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



Char Chanⅴ (F-35)
 
 
 
 
 
 
笑顔が撮らせてもらえた時点で、少なくとも被写体の方はOK (勝手にそう思ってます) 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




“ヒロ”こと岩本光弘さんは全盲のヨットマン 
 
 
 
 
ヒロさんHP
 
 
 
 
 
 
 
ザックリ言うと、自分の夢のため、ヨットのため、アメリカ・サンディエゴに渡った方です。
 
(合ってるかな?)
 
 
 
 
——  現代に生きる人々へのメッセージは。
 
僕も死のうと思ったけれど、プラス思考に転じて生きていけば素敵な人と出会えるし、多くの人からも援助を受けることができる。

素晴らしい人生が待っているのだと ー
 
 
——  将来の夢は。
 
 
ヨットでの太平洋横断が私の一番の夢です。海に出れば人種は関係ないし、健常者から視覚障害者まで皆が一緒です。

ヨット体験を通して、逆に視覚障害者から健常者へ豊かなメッセージを贈ることができるのです。
 
 
(抜粋)
 

 

 

 

 

 

握手させて頂いたとき、ヒロさんの手から、なにかこう強いものが伝わってきました。
 
 
 
 
 
 
『身の回りに起こる小さな感動』 を遥かに越えてしまってるけど汗
 
少しでもお役に立てるなら、私からも発信していきたいと思います♪
 
 

 
 
 
 
 
 
 

 


伝えるということ
 
 
 
 

2013 World Blind Sailing Championships 

 
 
 
 
 
正式なオファーはないけれど、、やっぱり英会話の勉強が必要になってくるのかなぁ。。。
 
 
 
 
 
 

 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 

 



 
 
 
 
APPLE Ⅵ オーナーさまに訊かれました、
 
 
「あなたって何に記事書いてる人なの?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 



 
 
 
 
 
 
 
 
こう答えました、『ブロガー』です。 
 
 
(つまりここ以外どこにも書いてません。っていうか精一杯です。) 
 
 
 
 
 
 
 
 

セクハラはどっちもどっち・・・ (^ ^;)ゞ
 
 
 
 
 
 
 
(この時点ではブログの意味がWebをLogするってことすらわかってませんでしたけどね(笑))
 
 
 
 
 




 

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NSさんこんばんは、コメントどうもです♪>エビの入ってたヤツ・・・あー、撮るの忘れてたー(笑)

このまえの写真で見たエビの入ってたヤツ、あれ食べられてうれしかったです♪(ここに書くことでしかKAZさんに伝えられなくて) 先日はありがとうございました。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif