それもいいよね:ファイナル。。。(タモリカップ)

 

ファイナル。。。(タモリカップ)

ファイナル。。。(タモリカップ)




『今年のテーマは“ヨットとサルサの大カーニバル”です。』

 


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
タモリカップ・ファイナルのスタート!
 
 
 
タモリカップがどこに行ってしまうのか、私にもちょいとわからなくなってきました・・・。
 
しかし、参加者全員が喜んでくれ、地元の皆さんが盛り上がり、
 
日本のヨット界に活気が戻るなら、タモリカップの存在意義は大いにあるのかも知れません。
 
ならば私は喜んで、名誉会長唯一の仕事であるバーベキューのタレ作りを、
 
夜を徹してやりとげる覚悟です。
 
 
 
 
 
タモリカップ大会名誉会長
 
 
森田一義
 
 
 
 

 


 
 
 
 

 

こうもおっしゃってます
 
 
タモリカップは、参加者全員が主役のお祭りなのです。。と。
 
 
 
 
 
 

 




 
 
 
 
 
 
 
 
 

 



 
 
 
 
 

 


 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MILKY WAYⅡ (Y-26S) 船橋ボートパーク 
 
 
 
 
 
 
 
残念ながら船橋からでは“遠来賞”取れなくなってしまいましたね(笑)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 


 

 

 
 
ライブの熱気の様子はユーチューブなどで。。
 
実は盛り上がり過ぎてまして、気がつくのが遅く中に入ることが出来ず写真ありません。
 
 
それから、私の撮り方が接近系なので
 
オルケのみなさまに『誰デスカ?アナタ?』って思われるのが怖かったという理由も正直あります。
 

 
 




 
 
 
 
 
 
 
オフィシャルカメラマンって後押しがありましたので、正直ここまで書くことが出来ました。
 
 
 
・その写真はNG
 
・その表現方法は変えてください
 
 
いつ言われるのか?
 
いつ止められてしまうのだろうか?
 
 
 
 
 
 
 
現場での事前の細かい打ち合わせは一切なし。
 
思うように撮ってくだって結構です。
 
 
 
 
 
夢中で撮った写真を眺めながら、思いつきの言葉を当て込んだ8日間。
 
 
 
 
 (あー長かった、、)

 

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

クラス優勝すると、みんな大注目の壇上で表彰され記念写真が撮れます。 


 
 
 

 
 




 
 
 
 
 
 
自分で言うのもなんですが、クウォリティーはどうであれ、
 
書く方は寝る間も惜しんでよくやりきったなって思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



 
 
 
 
 
ただ撮る方は、反省点が大変多いものとなりました。
 
 
炎天下で熱くなりカメラが動かなくなりかけたこと、
 
他のプロの方同様に最低2台体制で臨まないと厳しいのかもしれません。
 
 
 
 
 
あーすれば、こう撮れば、ヨットレース同様、終わって毎回ひとり反省会です。
 
 
 
 
 
 




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 




 
 
 
 
 
 
 
 
 

 



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 


 
 
容量オーバーで以下書いていた記事とんでしまいました(涙)
 
 
ここで1回切りまして、次がファイナルとなります。汗
 
 
 

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif